-ホームへ-

春の里山 その22016年04月04日 22時26分

昨日の続きです。


キクザキイチゲです。この山では白花ばかりで,青花は見たことがありません。


タチツボスミレです。この写真はわかりにくいです…。


ナガハシスミレです。花の後ろにある距(きょ)と呼ばれる部分が長く伸びています。


マキノスミレです。葉の裏が赤褐色をしています。





この山は,ギフチョウの生息地として有名ですが,捕獲を禁止していないので,春になると捕虫網をもった人たちが集まるため,以前よりギフチョウの個体数が減っています。
この日は暖かく,昆虫も活発に動き回っていたので,撮ることは諦めていたのですが,運良くギフチョウが目の前の止まってくれました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tach1394.asablo.jp/blog/2016/04/04/8065324/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。